スーパーコンパニオンを呼んで楽しく遊ぼうというとき、「コスパ=できるだけ安くお得に」と考える宴会担当者がいます。

しかし安上がり最優先で手配するのは危険だという声もあります。

その理由を考えてみましょう。

▼理由1 そもそも快楽を求める遊びに節約志向は似合わない?▼

「遊びを知らない人ほどコスパを気にして失敗する」という遊びの達人たちの意見があります。

現代は遊びの素人でも価格比較サイトなどで簡単に上下をくらべられますが、本来遊びというのは「快楽による満足を得ること」が第一目的です。

質のいいサービスにはお金がかかるものなのに、安くしろというのは無粋です。

そういう人ほど高い授業料を払うハメになります。

▼理由2 コスパで安値狙いをするとスーパーコンパニオンもそれなり?▼

スーパーコンパニオンの業界も過当競争に突入しました。

安い価格で客寄せをする業者も多数存在します。

そのかわりスーパーコンパニオンの質やサービスコンテンツもそれなりのものです。

牛丼を食べに行く値段で、ホテルのランチを楽しもうと思ってもそうは都合よくいきません。

中年のオバサンがアイドルタレント並みの源氏名を語って宴会場にやってくるのがオチです。

▼理由3 安値であれば満足度も低く、トラブル発生の確率も高い?▼

忘年会や慰安旅行のシーズンは、スーパーコンパニオン業界も繁忙期です。

こんなときにコスパで安くあげようとするのはとくに危険です。

忙しい時期の安値は、満足度も低く、トラブル発生の確率も非常に高いものがあります。

コスパでいくなら閑散期を狙って行くのが、せめてもの心得です。

スーパーコンパニオンの相場を知ったら、とくに初心者は“平均的な価格のところ”で初体験しましょう。

初心者の人やグループは、スーパーコンパニオンの派遣会社を経験者から紹介してもらって、まずは中間レベルの価格帯のところで遊びましょう。

安値を探すのはそうした遊びに慣れてからです。