濃厚で面白いスーパーコンパニオンですが、中には「スーパーコンパニオンでスッテンテンになってしまった」という失敗談もあります。

価格やサービス内容を含めて、遊び方の心得を考えておきましょう。

▼スーパーコンパニオンは「1人当たり7万円-8万円」は必要。▼

同じ濃厚なサービスならスーパーコンパニオンがいいと、安易にオーダーしてしまう宴会担当者がいるようですが、ネットなどで下調べした価格やサービスだけでは収まらない事例がたくさんあります。

わかりやすく言うと、キャバクラなどの「セット料金」のようなもので、調子に乗って「アレも、コレも」と余計なサービスを追加していくと、濃厚ではあるけれど知らない間に追加料金になっていて、そのうえセット料金ではなくなっていることがあります。

少なくても1人のスーパーコンパニオン嬢に対して8万円はみておくべきで、安心するには10万円が必須です。

▼スーパーコンパニオンは性風俗のようで性風俗ではない?▼

妄想をそのまま膨らませれば、スーパーコンパニオンを呼んで運が良ければエッチもと考えてしまうものですが、表向き、スーパーコンパニオンは性風俗のようで性風俗ではありません。

それを成し遂げるには裏金も裏交渉も必要です。

もちろん黙認する派遣会社もあれば厳しく禁止している会社もあります。

裏料金には、派遣会社の取り分も入っているので、別途5万円以上が必要と考えておきましょう。

スーパーコンパニオンと性風俗は、結局のところ使い分けするのが安上がりです。

出張でやってくるスーパーコンパニオンにも、客を値踏みする権利があります。

客が金持ちで自分の好みとなれば暗黙のオファーもありますが、結局は法外なお金を要求されるといったトラブルの元になります。

スーパーコンパニオンと性風俗は分けて考えるのが安全です。

熱海温泉や伊豆長岡温泉のような温泉宿でスーパーコンパニオンを楽しむのは王道ですが、都心の繁華街ではそれは無理なのでしょうか。

考えてみます。

▼金に糸目をつけなければ都心の繁華街でも十分に可能。▼

スーパーコンパニオンの始まりは地方の温泉宿でしたが、昨今では東京や大阪などのビジネス街で宴会を開いても、スーパーコンパニオンはその指定場所に来てくれます。

「都会で料理も店のおもてなしまで楽しみたい」というのは、可能・不可能の問題ではなく、宴会の予算の問題です。

都心の一流ホテルのレストランを指定することもできますし、都心でも源泉かけ流しの温泉付き旅館があります。

極端に言うと「金に糸目をつけずに豪遊する」なら、いくらでも満喫できます。

▼「カラオケボックスへのスーパーコンパニオン」で満足は無理。▼

最近よく聞くのが、5人程度のパーティーでダイニング型のカラオケボックスにスーパーコンパニオンを呼びだすパターンです。

ダイニングカラオケは、それなりの料理は楽しめますが、熱海温泉や伊豆長岡温泉などのように、陶板踊焼き付の料理や地魚舟盛り付などは出てきません。

しゃぶしゃぶ付の料理程度ならどこのダイニングカラオケでも出してくれます。

カラオケコンパニオンの雰囲気が知りたい人はコチラの参考サイト(http://nikkan-spa.jp/yoru/481681
)から!

スーパーコンパニオンで何を楽しむか、宴会担当者はコンセプトをはっきりさせましょう。

予算次第ですが、都心の繁華街でグランドスラムを実現させようとしても、豪遊覚悟でなければ無理だと考えておいたほうが無難です。

スーパーコンパニオンを呼んで何を楽しむか、宴会担当者のプランニング能力・絞り込みが大事です。

なんでもかんでも欲張って手近なところで済ませようとするなら、それなりの出費を覚悟すべきです。